前へ
次へ

葬式を家族葬にするメリットとは

葬儀といえば故人と縁があった多くの人が足を運ぶ一般葬儀が大半というのは一昔前のことであり、近年では小規模な葬儀を望む人が増えています。
規模が小さいことになり、金銭面の負担を抑えることができるのはもちろんのこと、多くの参列者に挨拶をしたり気を使う必要がないので、精神的に負担が少ないというメリットもあります。
規模が小さい分、本当に別れをしたい人のみで別れの時間を過ごすことができ、家族葬を選ぶという人がかなり多くなっていますが、家族葬といっても本当に家族しか居てはならないというわけではなく、故人と親しかった人は足を運ぶことができるというのも良い点ではないでしょう。
しかし家族葬となれば、参列できなかった人から不満が出る場合もあるので、家族葬を選ぶ場合には、親戚など参加してもらえない人に対して家族葬をするということを事前に伝えておき、了解を得ておくことが、トラブルなくスムーズに葬儀を執り行うコツとなります。

Page Top