前へ
次へ

お布施を包むお袱紗の色は何色がいいか

葬儀に出席をするとき、いろいろなところで色を気にします。
まず服やネクタイ、靴の色など着るものに対する色です。
一般的には黒を基調としたものを着るとされています。
濃い目の濃紺などでもなんとか着ることができるでしょう。
明るい色の洋服など着ていくとかなり目立つので注意しないといけません。
葬儀を行う立場だと僧侶にお袱紗を渡します。
初めての人はどう渡したらいいかもわからないでしょうが、葬儀業者がいろいろサポートしてくれるのでそれに従っていれば特に問題はありません。
ただいつもサポートに頼りっぱなしなのもよくないでしょう。
マナーを知っておけば、自分で用意することができます。
葬儀の時のお袱紗の色としては、寒色系のものを使います。
間違いがないのが紫になるでしょう。
それ以外にも紺色、緑、グレーなどでも構いません。
意外に知られていないのが金額による違いです。
高貴な色になればそれだけ高額を包んでいることを示します。
少ない時はそれなりの色の袱紗を用います。

Page Top