前へ
次へ

焼香と線香の関係が分かると参列しやすい

葬儀は人が亡くならないと行われない儀式です。
それも自分に関係のする人になるので、そう何度もあるわけではありません。
特に子供のころはなかなか参列する機会がないため、経験を踏めません。
一度経験するとその後に参列した時に以前と同じようにすればいいとわかるでしょう。
葬儀に参列した時に行うのが焼香です。
前の方に出て行うこともあれば、回されてくるのでそれを自分の席で行うこともあります。
方法としては細かく刻まれたお香を燃えているお香の中に入れます。
宗派などによって回数が決まっているので、事前に宗派を確認しておく必要があるでしょう。
お香といえば身近なのはお線香です。
こちらは仏壇に供えたり、お墓参りの時に使ったりするので子供でも扱ったことがあるでしょう。
先端に火をつけて手で風を送って消します。
元々は焼香と同じように行っていましたが、毎日行うならもっと簡単に行えた方がいいと棒状のものが作られたようです。
葬儀の時にはお線香はあまり使いません。

Page Top