前へ
次へ

葬式の香典のマナーや相場について

葬式に足を運ぶ際には、香典を持参していきます。
近年では香典返しの手間などを考えて、香典を受け取らないというスタイルにしているケースも多いですが、そういった場合には無理に渡さないように気をつけなければなりません。
香典を包む際に気になるのは、いくらにすれば良いのかという金額ではないでしょうか。
基本的には故人との関係が深いほど金額もアップしますが、自分自信の年齢や社会的地位による違いなどもあるので、一概にいくらと言い切ることはできません。
良かれと考えて高額を包んでしまうという人もいますが、あまりに高額となれば受け取った人が香典返しの際に大きな負担を感じてしまうことになるので、高額ならば良いというわけではないことは頭に置いておくべきです。
包むお金は新札は不幸を予期して準備していたという意味になってしまいマナー違反です。
近年では新札に折り目をつけて包むことが一般的なマナーになりつつあるので気をつけましょう。

Page Top